スピーカーの特徴を簡単に説明!

5.1chスピーカーの特徴

5.1chスピーカーの特徴

5.1chスピーカーの特徴 5.1chスピーカーは、前方の左右にステレオ音声用を1つずつ、中央に中音域を補うセンタースピーカーを配置し、後方にも左右にスピーカーを、中央に低音域を補うウーハーを配置することで、迫力があって臨場感も高いサウンドを楽しめるのが大きな特徴です。
音楽鑑賞よりは映画をはじめとする映像作品の鑑賞に向いており、自宅にホームシアターを設置する場合はこのタイプのオーディオ機器を設置すれば、映画館で鑑賞するときと似たような感覚で作品を楽しむことができるようになります。
また、5.1chスピーカーは、価格が高くて設置・保管のための場所が限られるのも特徴といえます。
価格は、小型のものだと1万数千円程度で販売されている製品が存在しますが、映画館に負けない迫力と臨場感を体感したい場合は価格が数十万円の大型の製品を購入しなければなりません。
設置する際もそれなりにスペースを確保しなければならず、使わないときの保管場所も広めにとる必要があります。

5.1chスピーカーの特徴と選び方について

5.1chスピーカーの特徴と選び方について 従来では2.1chや3.1chなどが主流でしたが、現在では前方左右とフロントセンターに加えて、後方左右にもスピーカーを配置する5.1chが人気です。
映画館のような立体音響を楽しめるのが最大の特徴となっています。
5.1chスピーカーの選び方には幾つかのポイントがあります。
まずはアンプとスピーカーの出力を合わせて購入することです。
出力が合っていないと故障の原因となるからです。
またコンパクトサイズの商品でも、シリーズで揃えることで上質な音響を楽しめます。
映画などを迫力あるサウンドで楽しみたい場合は、左右のフロントを大型にする方が良いでしょう。
リアスピーカーは空間の広がりを再現する役割をしているので、それほど大きくなくても構いません。
しかし音楽再生にこだわっている人は、リアも大型にした方がリアルな音響を楽しめます。
サブウーファーに関してはメーカーが異なっていても、それほど気になることはありません。

新着情報

◎2023/01/05

情報を更新しました。
>高性能なスピーカーを設置して音楽や映像作品を楽しむ
>音を楽しむにはまずはお手頃価格のスピーカーを
>スピーカーセット一式はぜひインターネットで注文を
>スピーカーの歴史と原点について分かりやすく解説
>普段使用しているスピーカーにトラブルが発生したならすぐ新品の注文を

◎2019/5/10

スピーカーに合うアンプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

おしゃれなスピーカー選び
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

便利な携帯スピーカー
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

ハイレゾスピーカーの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

5.1chスピーカーの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「5.1 スピーカー」
に関連するツイート
Twitter

20代の男性に人気の商品です! 【送料無料】プロジェクター Android TV 11.0 Netflix搭載 フルHD 1080p 4K対応 高輝度 500ANSI 5G WiFi Bluetooth 5.1 オートフォーカス 自動台形補正 5Wx2 HiFiスピーカー 防塵 天井吊り 三脚対応/スマホ PC TV Stick Switch PS対応 ET

【楽天年間ランキング2022受賞★正規品】sanag bluetooth スピーカー 防水 高音質 ワイヤレス ポータブル IPX5防水 IP4防塵 大音量 通話 5.1かわいい お風呂 小型 高音質重低音 SDカード対応 大音量クリスマス プレゼント

5.1chサラウンドだとか7.1chサラウンドだとか言うけど結局人間の耳って2個しかないんだよね スピーカーを増やす前に人間の耳を増やさなきゃ

【あす楽】 【楽天ランキング1位獲得】 JBL FLIP 6 Bluetooth 5.1 ワイヤレス IP67 防水 スピーカー ...

ペットボトルの蓋だけが散乱してるし、ティッシュ使い切ってないのに4箱くらい開いてるし、引っ越して2年経つのにまだ引っ越したときの段ボールある。冷蔵庫の中は空っぽ。 だがプロジェクターは100インチの4KHDR、5.1chのスピーカー、頭まである背もたれ付きソファ。これだけでもう大満足。